Translate

2016年12月28日水曜日

道の駅ましこまでサイクリング「道の駅ましこのお勧めのお土産を紹介します!」

道の駅ましこにサイクリングに行ってきました!



皆さんこんにちは。ニート犬のカールさんの飼い主のPatataです。

今回は、この間言ってきた「道の駅ましこ」を紹介したいと思います。益子に住んでいる友人と食事をする為に片道30㎞、往復60㎞の軽いサイクリングをクロスバイクに乗って行って参りました。

益子に行ったら絶対に「道の駅ましこ」によって、生姜の味噌漬けが食べたいという事で、道の駅ましこに行って来ました。

道の駅ましこ



平成28年10月15日にオープンした「道の駅ましこ」は、栃木県で24番目に出来た道の駅です。


 三角の3つ並んだ屋根が特徴的で、外観がとてもおしゃれで綺麗でした。

少し抜けているところがある私は、自転車で走りながらの景色を見るのに夢中になってしまい、ATMでお金を降ろしてくるのを忘れて、せっかく道の駅に着いたのに所持金が500円。

慌ててスタッフの人にATMの場所を聞いたら、道の駅の中にはATMが設置されていないので、いったんお店の外に出て、お金を降ろしに行く羽目になってしまいました。

道の駅のスタッフさんが、親切になんでも教えてくれます。建物の右側の入り口に入ってすぐにインフォメーションがあるので、そこのお姉さんに救われました...。

さてさてATMに行って戻ってきた私は、早速、美味しい物探しです。

道の駅ましこでは、益子の特産品でもある「益子焼」や「染物」等の可愛い雑貨が沢山置いてありました。
どの雑貨もとてもカラフルで、凄く可愛いです!

どの食器も可愛くて、益子焼独特の温かみがあって凄く可愛い!



益子は、焼き物の里としても有名ですが、益子の特産物に染物がある事を、今回初めて知った私は驚きでした。
益子では藍染は勿論、紅葉や茜等の草木染も行っている様で、どの色も優しい自然な色をしていてとても素敵でした。
どの雑貨も可愛くて思わず目をキラキラさせてしまいましたが、いかんいかん。

今回のサイクリングの目的は「美味しい物探し!」この雑貨は後にしてと...。


道の駅ましこのスタッフさんに、お土産のお勧めを聞いたところ、色々な事を教えてくれました。この道の駅のスタッフさん達は本当に親切な人ばかりで、お土産の話からなぜか「犬」の話に脱線してしまい、ついつい話し込んでしまいました。

道の駅ましこのスタッフさんのお勧めのお土産



わんこさんと一緒に暮らしているスタッフさんがお勧めしてくれたのが、ドレッシングなどの調味料でした。
特にドレッシング系は、オープンしてからまだ2か月しか経過していないのに、なんと3,000本も売れていると言う人気商品の様です。



特に「なんでもいい醤ドレッシング」と「焼しいたけドレッシング」がお勧めらしいです。


なんでもいい醤ドレッシングは、中に玉葱とニンジンのペーストが沢山入っていて、見た目がねっとりとした洋風のドレッシングです。
このドレッシングのお勧めの使用方法は、トマトケチャップ1:なんでもいい醤ドレッシング1の割合で混ぜ合わせ、デミグラスソースの様な感じで使用すると美味しいそうです。


という事で早速お家に帰ってこの「なんでもいい醤ドレッシング」を、中濃ソース代わりに使って鶏肉のケチャップ炒めを作ったところ、ほっぺたが落ちてしまいそうな美味しさで、このドレッシングのファンになってしまいました。
中濃ソースを使って作った時よりも味に甘みが出て、小さなお子さんが好きな味だと思います。

勿論、お酒との相性も抜群ですが、ビールや日本酒よりワインと一緒に味わった方がいいと思います。

このなんでもいい醤ドレッシングは、生野菜にかけても美味しいです。ドレッシング自体に甘みがあるので野菜の苦みを少し緩和してくれます。

そして、「焼しいたけドレッシング」はと言いますと


ドレッシングの中に焼しいたけを細かく刻んだものが沢山入っていて、歯ごたえも楽しめるドレッシングです。
スタッフさんのお勧めの食べ方は、この焼しいたけドレッシングを冷奴の上にかけて食べると美味しいとの事なので、これも早速試してみました。
今回は、寒い外でのサイクリングで体が冷え切ってしまっているので冷奴ではなく、温かい揚げ出し豆腐で試してみました。
豆腐の甘みとしいたけの風味が合わさって、これも絶品でした。このドレッシングは、和風味のドレッシングでさっぱりとしていて、しいたけの歯ごたえも楽しめるとても美味しいドレッシングです。

このドレッシングは、ビールや日本酒にぴったりな感じがします。味がとてもしっかりとしているので、お酒が進んでしまいます。

そして、今回のメインでもある「しょうがの味噌漬け」です。


 これは、凄く美味しいなんてもんじゃなかったです。

この味噌漬けを2パック買って帰りましたが、「もっと買って来れば良かったぁ~」と後悔してしまう程です。


このまま単品で食べてもお酒のつまみに最高ですし、スタッフさんがお勧めしてくれた、生姜の味噌漬けを細かく刻んで酢飯と混ぜ合わせ、その上に錦糸卵を散らして食べても美味しいです。
生姜のピリっとした辛さと味噌の甘みが、絶妙に合わさって凄く美味しいです。

お土産に友人に買って行きましたが、どの友人も凄く美味しいと絶賛していました!「道の駅ましこ」に来たら絶対に購入した方がいいお土産です。

普段は、このしょうがの味噌漬けを生産している会社の奥様が、道の駅でしょうがの味噌漬けについて説明してくれているそうなのですが、今回は朝も早いせいか、その奥様の説明を聞く事が出来ませんでした。残念です...。

という事で人間さん用のお土産を購入した私は大満足なのですが、忘れてはいけないのが私の相方のカールさんです。今回は、お家でお留守番をしてくれているのでカールさんにもお土産を買って帰りました。


そこでお土産に選んだのが、益子町在住の世界的にも有名な絵本作家、いわむらかずおさんの「14ひきのシリーズ」の14ひきのピクニックと言う絵本です。

道の駅には14シリーズの可愛いグッズが沢山販売されていました。1番驚いたのが、14ひきシリーズのガチャガチャが置いてあることです。
どのグッズも可愛くて全部欲しくなってしまいます。


この絵本は、沢山の可愛らしねずみさん達が楽しそうに生活をしている模様を、絵本にしたものです。私も小さい頃、この絵本の大ファンでしたが、そんな事をすっかり忘れていた私は、この絵本の作家さんが益子在住の絵本作家さんだという事も知らず、久しぶりにこの絵本と再会し、懐かしくて心が温まりました。
この14ひきシリーズの舞台となっている田園風景は、どれも益子の田園風景がモデルとなっている様です。
この絵の話を聞いた後、益子の風景を楽しみながらサイクリングしましたが、14ひきの世界が広がっている様でワクワクドキドキとして、普段のサイクリングとは少し違った楽しみ方が出来ました。

自然豊かな益子の町で出会った人達は、笑顔に溢れとても優しくて素敵な場所でした。

この話をカールさんに話しながら、14ひきシリーズの絵本をカールさんに読んであげたら、カールさんはとても真剣に絵本を見てくれました。
今回のお土産が絵本なので、なんか文句を言われるかとドキドキしましたが、どうやら喜んでくれているみたいで本当に良かったです。


それにしても絵本と顔の距離が近過ぎなんだけど、しっかりと絵本が見えているのかな?